ニュース

住宅市場の開発動向

更新:04-08-2016
概要:

都市化の継続的発展と住民の購買力の継続的改善により、中国の家庭用品産業は発展し続けています。 2019年第1四 […]

都市化の継続的発展と住民の購買力の継続的改善により、中国の家庭用品産業は発展し続けています。 2019年第1四半期には、家庭用品市場産業は安定した段階にあると予想されます。以下は、家庭用品市場の発展動向の分析です。

家族業界は、基本的な生活必需品と家族の日常生活に必要な生活道具の合計を指します。それは通常6つのカテゴリーで構成されています:家具、室内装飾、布地、食事、宝石類、そして日常の使用。家庭用品業界は消費財業界に属する。現在、主要な消費財業界のカテゴリーには、レストラン、アパレル、包装食品および飲料などの多くの成熟した消費産業、ならびに家庭用品産業が含まれます。家庭用品業界の分析、日々の消費財としての家庭用品、マクロ経済環境と密接に関連しています。

美しくシックであることに加えて、家庭用アクセサリーは、実用性、審美性および独特のスタイリングを強調しながら、楽しみを追加します。家庭用品市場の発展傾向の分析、美しくそして実用的、美しくそして興味深い、は別の前提条件となっています。

主要なショッピングモールの住宅販売部門に入ってください、あなたの外の古い顔はより多くのファッションブランドが彼ら自身の家庭用アクセサリーを始めるのを見るでしょう。言い換えれば、多くの人がさまざまなファッションブランドを購入することに慣れています。多くのファッションブランドも

ファッションホームアクセサリーが登場し始めました。国内の家庭用品店は、大きなブランドや特別なブランドに続くブランドの育成に焦点を当てるべきです。このようにして初めて、彼らは国際的なホームブランドと競争し、より多くの市場に勝つことができます。

今日の非常に人気のある緑の環境では、人々はますます純粋な自然の緑の家具を求めており、自然で新鮮な装飾的なスタイルは流行になりました。このような鉄、木、草製品、材料、一般的な木、籐、葦や竹などの家庭用品市場の発展動向の分析は、環境に優しい工芸品の付属品が消費者から大いに求められるようになると言えます。

世界経済の再分配に伴い、中国の家具業界は成長を続け、繊維製品、衣料品、家庭用品、プラスチック製品、家庭用品などの家庭用品の生産と貿易は拡大し続けています。 2010年から2017年までの間、全国の織物、衣料品、家庭用品の卸売量は122,221億元から35兆1,911億7,000万元へと増加し、年平均成長率は19.28%でした。 2018年、家庭用品を含むプラスチック製品の輸出は375億6,900万に達しました。米ドルで見ると、2010年から2018年までの輸出の複合成長率は10.51%に達し、2018年には中国の家具業界の輸出は490億3800万ドルに達した。

一般的に、家庭用品業界は大規模ですが、個々の経済の規模は「巨大」企業と呼ばれています。産業統合の加速に伴い、一部の企業はその規模を拡大し、多分野産業に従事し、長年にわたって産業資金を蓄積してきました。大規模なグループは、業界の将来の発展においてますます一般的になるでしょう。以上が家庭用品市場の発展動向です。すべてを分析する

0
           
お問い合わせ